コンビニVSスーパーのアルバイト徹底比較!

コンビニのアルバイト

求人情報を見てみるとコンビニやスーパーのアルバイトの求人が多く掲載されています。コンビニのアルバイトの仕事内容は、レジ打ちや品出し、宅配便の手配などさまざまです。また、慣れてくると発注やイベントの装飾などをお願いされることもあるでしょう。私たちが普段目にすることのない裏の仕事が多いという特徴があります。覚える仕事が多い一方で、単なるレジ打ちとは違うさまざまな仕事を体験できる、言い換えれば多くの仕事に通ずるスキルが身に付きます。

スーパーのアルバイト

多くの仕事を万遍なくやらなければならないコンビニのアルバイトとは違い、スーパーのアルバイトは基本的に同一作業の繰り返しです。レジ打ちの人は勤務時間内はほぼレジ打ちのみ、品出し業務も同様です。勤務先によっては両方の仕事を任されることもありますが、基本はひとつの仕事を淡々とこなします。そのため、一度仕事を覚えるだけで業務に専念することができます。また、同じ仕事を繰り返す環境だからこそ、効率などを考えた「自分なりの働き方」が見つかります。

自分にあったアルバイトを選ぼう!

コンビニとスーパーのアルバイトを比較してみましたが、どちらにも良さがあります。たくさんの仕事を任されるコンビニ、同じ業務を繰り返すことで自分なりの働き方が身に付くスーパー、自分のスタイルによって勤務先を選ぶことが重要になります。また、どちらのアルバイトも接客業ということに変わりはありません。お客さんんのことを第一に考え、気持ちよく買い物をしてもらえるような環境づくりをするという点では、コンビニもスーパーも似ています。

CADオペレーターは、機械類を専門的に取り扱うメーカーで重宝がられることがあり、仕事に役立つ知識を早いうちに習得することで、キャリアアップに直結します。