「介護の仕事の実際ってどうなの?やりがいって?」

介護についてイメージできますか?

現在介護というお仕事は、たいへん需要があります。介護職募集!というフレーズを目にした方も多いはず。とくにその分野に興味がある方であればなおさら、その機会は多いはずです。でも、実際に介護の仕事ってどうなの?どういうことをするの?とイメージがわかない方も多いのではないでしょうか。介護は人と直接関わる仕事です。どんな内容かというと、主には普段の生活において、その方が行うことが困難なことを、必要性に応じてお手伝いしたり、時には代わりに行ったりします。ではどうやってお手伝いしたり、代行すればよいのでしょうか。介護を行うにあたって、役に立つ知識や技術をあらかじめ習得しておくと、格段に介護はしやすくなります。ですが、普段わたしたちが何気なく多なっていることを代わりに行うことで、ある人にとっては大きな助けとなります。時には実際にお手伝いしたりの行動ではなく、目で見守ることも介護になることがあるのです。

介護の具体的な仕事とは?

介護の仕事内容は多岐に渡ります。しかし、どれもその人がその人らしく生活できるできるように、お手伝いをする、というのが大前提でしょう。みなさんもどうやって髪をとかすか、ひとそれぞれですよね。それに合わせて介添えしていくのが介護です。例として、朝起きたら一番に何をしますか?トイレに行く、と思われた方も多いのではないでしょうか?ご高齢の方や、体に何らかの障害をお持ちの方は、トイレに一人で行くことが困難な事もあります。そのプロセスをサポートするのは介護のお仕事のひとつになります。サポートの仕方はその方の身体能力や環境などにより異なってきます。つまり臨機応変に行うことが必要になります。でも、基本である大前提を忘れないでください。

ニーズと介護が一致した時の充実感とやりがい

個人個人で好みを始め、異なるのでその方に合わせたお手伝いが必要になります。それが工夫するところでもあり、ある種、腕の見せ所であるともいえるでしょう。介護者が創意工夫した援助方法が、その個人のニーズに合致したときには、そのプロセスがスムーズにいきます。ましてや人対人のお仕事なので、直接反応を見ることができます。つまり、手応えを感じますし、自分の介護である方のニーズが充足されたのを目の当たりにすると喜びを感じるものです。それがこと介護のやりがいでもあり、ベーシックな部分での人と人との関わることで得られる充実感なのではないでしょうか。

介護の求人を横浜では夜勤手当や早番手当、資格手当てなど設けている会社があるので安心して働くことができます。